再婚活したい人必見!アプリで美人な奥さんと出会えた男性のお話【体験談】

体験談

今回お話を伺ったのは、大野さん(仮名)。マッチングアプリで出会ったお相手と31歳の時に再婚され、とても可愛い5か月のお子さんもいらっしゃいます。

初婚時の失敗、そして再婚活動の際の失敗や成功、共働き志向の女性とのマッチング方法やバツイチ男性に向けてのアドバイスなどとてもためになるお話をしてくれました!バツイチで再婚活をしている方は必見です!

大野さんのプロフィール

  • 年齢:35歳
  • 居住:東京都
  • 職業:システムエンジニア
  • マッチングアプリ利用期間:1年9か月
  • 成果:2人とお付き合い
  • 現在:結婚

利用したマッチングアプリ

  • ペアーズ(Pairs) ※以下ペアーズ
  • Tinder(ティンダー) ※以下Tinder
  • いきなりデート
  • キャリ婚

再婚目的でアプリを始めた

りな:マッチングアプリを使い始めたきっかけを教えてください。

大野さん

再婚するために始めました

モラハラ元妻との悲惨な結婚生活から心身共に早く立ち直って、幸せな家庭を築いて子供が欲しかったからです。

りな: マッチングアプリへの抵抗感などはありましたか?

大野さん

少しありました。

自分が学生時代のガラケーの頃は、こういったマッチングサービスはいかがわしいイメージでした。

しかし、離婚後にエンジニア専門シェアハウスに入居し、その時のルームメイトにペアーズのシステムエンジニアがいて、その人が良い人であったので始めてみました(笑)

※エンジニア専門シェアハウス『TECH人材専用 コミュニティ型住宅 TECH RESIDENCE』

りな:珍しいきっかけですね(笑)

   やはり抵抗感はあったのですね。

大野さん

そうですね。

自分が中学生のころはあまり良いイメージがなかったので、最初の結婚の時には使っていなかったです。

1度目の結婚相手はモラハラ妻

りな:1度ご結婚されていたとのことですが、その時のお話を伺ってもいいですか?

大野さん

全然大丈夫です。

20代後半に結婚したのですが、その時は「早く婚活市場から脱出したい」「パパになって子供と遊びたい」「稼ぎの良さそうな人を捕まえてパワーカップルになりたい」という気持ちが強く、打算的な考えで結婚しました。

りな: お相手はどのような人でしたか?

大野さん

年上でバツイチで士業をされている人でした。

見た目がタイプだったことや、稼ぎが良いこと、さらには、バツイチなら結婚への過度な期待がないと思い、自分の当時の理想がそのままだと思いました。

なので、自分から積極的に行動しました。

結婚する前から性格的な部分への違和感は感じていたのですが、焦りとスペックに目が眩んでそれを無視して結婚してしまいました。

りな:なるほど。

大野さん

共に支え合って暮らす、という気持ちの無い人でした。

私のする家事や仕事や妻のことを思っての行動へのダメ出し、モラハラが酷かったです。

「休日の使い方」「職の価値観」「家事に求めるレベル」などもまったく合わない人でした。

りな:ずっと一緒に暮らすとなるとつらいですね。

   どのくらいの期間結婚されていたのですか?

大野さん

短いのですが、7か月間です。

りな:お別れする際は、大野さんから切り出したのですか?

大野さん

ある日、相手から「私たち合わないね」と言われました。

その時は、悲しい気持ちと、ほっとした気持ちが半分半分でした。

離婚のダメージを癒すためにマッチングアプリを始める

りな:マッチングアプリを始めたのは離婚した後すぐですか?

大野さん

いや、離婚してすぐはかなりダメージがきつかったので、1か月くらいは実家に帰ったりして休んでいました。

りな: メンタル的なダメージでしょうか?

大野さん

そうです。

その時の心情としては、自分は結婚に向いていないんじゃないかとか、あの時は焦っていたからよくなかったなとかのネガティブな感情と、自分はそこまでダメな人間ではないというポジティブな感情が入り混じっていました。

りな:ネガティブな感情だけではなかったのはすごいと思います。

大野さん

その後だんだんとポジティブな感情が強くなり、もう1回ぐらい頑張ってみてもいいんじゃないかなって思うようになったのでマッチングアプリを始めました。リハビリにもなるし、自分を見つめなおすいいきっかけになると思いました。

りな:素晴らしいメンタルの回復ですね。

   実際、マッチングアプリを使ってみてどうでしたか?

大野さん

使い始める前は、悪いイメージを持っていましたが、使ってみて健全だと感じました。

あと、自分が思っていたよりも、変な人がいなかったです。

りな:変な人とマッチングしなかったのはすごいですね!それを見分けるコツはありますか?

大野さん

特にないですね…(笑)

毎日マッチングアプリで、適当に上限までいいねをしていたが、会ってみて変な人はほとんどいなかったです。

向こうから連絡が来た人とも会いましたが、特に変な人はいなかったです。

りな:男性だとそうなんでしょうか?

大野さん

僕がたまたまラッキーでしたね、多分。

その当時の職場の同僚の人もマッチングアプリをやっていて、その人は待ち合わせ場所についたよって連絡したら、一切連絡が取れなくなったってことがありました。

りな:それはひどいですね。

自分からグイグイいくタイプではない大野さん

りな:マッチングアプリはどのように使っていたのですか?

大野さん

マッチングして、1週間ほどメッセージのやり取りをしてから会っていました。やり取りが途切れてしまう人もいたので、続いた人とお会いしていました。

りな: 1回目のデートはどこに行くことが多かったですか?

大野さん

休日のお昼にカフェで会うことが多かったです。

ランチの後は、見に行く場所や用事があれば行っていました。

カフェの場所は自分が決めることが多かったです。

りな:昼間のカフェだと女性からしても安心ですね。

場所はどちらが提案されることが多かったですか?

大野さん

カフェの場所は自分が決めることが多かったです。

りな:リードされていたのですね!

では、2回目のデートはどうされていたのですか?

大野さん

基本的に2回目は向こうから誘われたら行くという感じでした。

なので、1回目のデートで終わってしまう人がほとんどでした。

りな:奥手なのですね。どのくらいの人と2回目のデートに行っていましたか?

大野さん

20人ほどとお会いして、2回以上デートしたのは4、5人でした。

りな:少ないですね。自分から誘うことはなかったのですか?

大野さん

良いなと思っている人には自分から誘うこともありました。

でも、自分から誘うくらい積極的な女性がいいなと思っていたので、2回目は女性から誘ってほしいと思っていました。

りな:なるほど…デート費用についてはどのようにされていましたか?

大野さん

全額払っていました。

りな: おごられることに抵抗がある女性もいると思うのですがそのあたりはどうでしたか?

大野さん

確かに、割り勘がいいと言われることもありましたが、全額出していました。

りな:すごいですね!

大野さん

それは単純にそうしたほうが婚活市場において自分というイチ候補が有利になるだろうと思いましたし、自分にデートの時間とメイクなどのコストをかけてくれた女性への感謝の気持ちからでもありました。

現在の奥様について

りな:現在の奥様はどのような人ですか?

大野さん

ペアーズで出会った人で、同い年で、職業も同じです。マッチングアプリで20人ほどと会った中で一番良い人で、欠点もない人でした。

りな: 今の奥様との出会いはどのような流れでしたか?